みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

お盆・お彼岸

お盆・お彼岸について解説いたします

お盆

お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、サンスクリット語の「ウラバンナ(逆さ吊り)」という言葉へ、漢字をあてたものです。
盂蘭盆会は、釈迦の弟子・目連の母が、地獄に落ち逆さ吊りにされているのを救うため、教えにしたがい、正しいことを行い、徳を積んだことが始まりです。
以来この日は父母や先祖に感謝し、功徳を積む大切な日となりました。
また、一般的にお盆は亡くなった人の霊が自宅に戻るといわれています。

お盆には何をするの?

お盆の行事は東京など暦通りに7月13~16日に行なう地域もありますが、月遅れの8月13~16日に行なうことも多いようです。どちらも、13日の朝にご先祖様の霊を迎える「精霊棚(盆棚)」を作り、位牌を安置してお供えをします。
13日を「迎え盆」といい、お墓参りをして霊を迎えます。迷わず戻れるように、目印として芋殻などを焚くのが「迎え火」です。また、16日は「送り盆」といい、霊の見送りとして焚くのが「送り火」です。この他、宗派や地域により、さまざまな習わしもあるようです。
(月おくれ盆ができたわけ・・・明治時代に新暦を採用した時に現在に時期になりの作業の繁忙期と重なったため、月遅れでおぼんを行う地方が増えた)

四十九日の法要後、初めてのお盆を「新盆(にいぼん)」または「初盆」といいます。
霊のお迎えや見送りなどは通常のお盆行事と同じですが、新盆の場合は御住職にお経をあげていただくことも多いようです。また、地域により親族が盆提灯を送る習わしなど、特色のある行事お行うところもあります。新盆のときは絵柄のない真っ白な白張提灯を送り、送り火のときに燃やし、お寺に収めたりなど色々です。
四十九日以前にお盆に入ってしまう場合は、行わないようです。

お彼岸

「彼岸」とは、悟りの開かれたあちら側の世界のことをいいます。極楽浄土のことです。
彼岸という言葉はもともと「到彼岸」を略したもの。サンスクリット語の「パーラーミーター」を訳したもの(波羅蜜多)、意味は「彼岸に到達する」です。
春分の日(3月20日ごろ)と秋分の日(9月20日ごろ)を中日(真ん中の日)とし、前後3日ずつ、あわせて7日間をお彼岸といいます。
お彼岸は一般的に、お墓参りをしたり、お寺では「彼岸会」などの法要が営まれます。
お彼岸には家族揃ってお墓参りをし、きれいに掃除して、ご供養をされるといいですね。
日頃忙しくてできないご供養をせめて春と秋の2回は行ない、(極楽浄土に到達できるよう)仏教の教えを実践しましょう。

仏教の主な修行6つと先祖の供養この7つを7日間で行うのがお彼岸の意味です。

  1. 「布施/他人にほどこす」
  2. 「持戒/戒律を守る」
  3. 「忍辱/耐え忍ぶ」
  4. 「精進/努力精進する」
  5. 「禅定/心を集中する」
  6. 「智慧/悟りを開く」