みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

ドスパラBTOパソコン



Posted By:2012年5月28日

Plesk環境のVPSにLive Commerceをインストールしてみる

Plesk環境にLive Commerceをインストールする場合は、ここの方法でPHPを5.2.10にアップデートして下さい。

その後、必須モジュールのインストールをここの方法でインストールして下さい。

SSHからviで編集するのがめんどくさいのでconfディレクトリーのパーミッションの変更を変更しちゃうw
chmod 777 /var/www/vhosts/ドメイン名/conf
これで、confファイルがFTPで転送できる。

confファイルの作成
confディレクトリー内にhttpd.includeというファイルがありますが、このファイルを変更してもすぐに元に戻ってしまいます。Pleskが勝手に元に戻しちゃうんですね

vhost.confとvhost_ssl.conf(ssl対応の場合)ファイルを作りFTPでconfディレクトリーに転送する。(これをしないとLive Commerceのインストールが出来ません)
内容は、下記のとおりです。(通常、両方とも同じ内容でOK)

----------------この下から------------------
DocumentRoot /var/www/vhosts/ドメイン名/public_html

<Directory /var/www/vhosts/ドメイン名/public_html>
<IfModule mod_php5.c>
php_admin_flag engine on
php_admin_flag safe_mode off
php_admin_value open_basedir "/var/www/vhosts/ドメイン名/public_html:/var/www/vhosts/ドメイン名:/tmp:/var/www/vhosts/ドメイン名/admin:/var/www/vhosts/ドメイン名/application:/var/www/vhosts/ドメイン名/cache:/var/www/vhosts/ドメイン名/catalog:/var/www/vhosts/ドメイン名/library"
</IfModule>
</Directory>
----------------この上まで------------------

注意:ドキュメントルートもpublic_htmlに変更しています。

ここまで行えばもうインストールできるはずです。たぶんw

インストール画面で、その他のモジュールに×がついている場合はそのモジュールをインストールしてね
GD library が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-gd

mbstring が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-mbstring

iconv が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install glibc

PDO が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-pdo

mcrypt が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-mcrypt

dom が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-xml

多分こんな感じ(違ったら教えてw)

SSHやサーバーの設定をいじるので慎重に!
私は一切責任は取りませんので、みなさんの自己責任で行って下さいね^^



Posted By:2011年8月29日

お名前.COMのVPSにLive commerceのインストールメモ

お名前.COMのVPSにLive commerceのインストールメモ

1.VPS管理画面にログイン

セキュリティー > アップデート > 変更 とたどり
アップデートなし(上級者向け) にチェックを次へ > 変更 >戻るで

現在のアップデート方法:アップデートなし(上級者向け)になっていることを確認

セキュリティー > ファイヤーウォール とたどり
SSHにチェックを入れ 上の許可に変更をクリック > 設定を押す


2.SSHで接続しコマンドで操作

PuTTYなどのクライアントソフトで接続する

一般アカウントにあるSSH(FTP)(管理者)
Using username:ユーザー名
password:現在のパスワード
でログインする

正常にログインできると
-bash-3.2$ が表示されるはずです。

ルートアカウントに変更しないといけないので

-bash-3.2$ su -

と打って今度はrootアカウントパスワードを入力しれください。
正常に切り替わるとroot@****** と表示されるはずです。

最初にサードパーティのリポジトリを追加した際に、そのリポジトリの優先度を設定できるようにするyum-prioritiesをインストールします。
yum install yum-priorities

警告が出ますがかまわずyを押し進める

 


こっからが本題
PHPのバージョンを5.2.10にあげましょう

cd /etc/yum.repos.d (cpコマンドうつの面倒なので、あらかじめyumのリポジトリディレクトリーに移動しておく)
wget http://dev.centos.org/centos/5/CentOS-Testing.repo (リポジトリのダウンロード)
yum --enablerepo=c5-testing update php (PHPのアップデートコマンド)
アップデート中にGPG KEYの問い合わせが来たら y を選ぶ
その後
yum --enablerepo=c5-testing install php-mcrypt

注:
php-sqlite2が入ってと依存関係のエラーでアップデートできません。
その場合は、 yum remove php-sqlite2* とうって削除しましょう。

最後にドキュメントルートに書き込み権限をつける
chmod 777 /var/www/vhosts/ドメイン名
これでユーザー直下に書き込みできるようになったはず

私の場合はlive commerceの公開ディレクトリーを変えたかったので

chmod 777 /var/www/vhosts/ドメイン名/conf
chmod 666 /var/www/vhosts/ドメイン名/conf/httpd_vh_base.conf

とやりFTPクライアントから書き換えられるようにしました。

必須モジュールのインストール

Zend Framework
http://www.zend.com/en/products/guard/downloads

Zend Framework 1.11 minimal 1.11.10 (ZIP) 6.04 MB (バージョンやサイズは変わるかもしれません) をダウンロード後解凍し

解凍後のlibraryディレクトリーをユーザー直下FTPで転送する

Zend Optimizer

よりLinux版の、Zend Optimizer (Runtime for PHP 5.2 and earlier ) 3.3.9 (64 bit) (TAR.GZ) 2.71 MB(バージョンやサイズは変わるかもしれません) をダウンロード後解凍し

data > 5_2_x_comp 内のZendOptimizer.so を先ほどZend Frameworkを転送した library ディレクトリー内へFTPで転送する。

vi /etc/php.ini

memory_limit = 528M に変更(-1でリミット解除)

;include_path = ".:/php/includes"
となっているはずなので

include_path = ".:/var/www/vhosts/ドメイン名/library"
zend_extension=/var/www/vhosts/ドメイン名/library/ZendOptimizer.so

上書き保存して

最後に service httpd restart で再起動させる

バージョンは1.3はなぜかPHPのバージョンチェックが5.2.14になっている@@
ライブコマースのファイルを転送したら
/public_html/install/index.php の26行目を
if (version_compare(PHP_VERSION,'5.2.14', '>=') && version_compare(PHP_VERSION,'5.3', '<')) {
から
if (version_compare(PHP_VERSION,'5.2.4', '>=') && version_compare(PHP_VERSION,'5.3', '<')) {

 

あとは、Live Commerceをインストールするためのパーミッションの変更をすればインストールが完了します。

以前の記事より分かりやすくなったかな?

この方法を行えば、VPSのコントロールパネル上の不具合は一切出ませんでした。

SSHやサーバーの設定をいじるので慎重に!
私は一切責任は取りませんので、みなさんの自己責任で行って下さいね^^



Posted By:2011年8月25日

Plesk環境でPHP5.1.6からPHP5.2.10にする

Presk環境だとMySQLが5.1系に代わってしまうと管理画面がエラーになってします。Google先生に聞いて色々やってみましたが・・・

# rpm --import http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka は現在MySQLが5.1系になってしまうのでダメでした。
# wget -q -O - http://www.atomicorp.com/installers/atomic.sh | sh は、PHPが5.3系になりMySQLも5.1系になるので同じくダメでした。

CentOS5.5までならありました!

なんで5.5までかというとCentOS5.6だとPHP5.3系になる予感がするからです。
CentOS5.6の環境が手元にないのであくまでも予感ですw

ここからが本題です。PHPだけ5.2系にあげましょう!

cd /etc/yum.repos.d (cpコマンドうつの面倒なので、あらかじめyumのリポジトリディレクトリーに移動しておく)
wget http://dev.centos.org/centos/5/CentOS-Testing.repo (リポジトリのダウンロード)
yum --enablerepo=c5-testing update php (PHPのアップデートコマンド)
アップデート中にGPG KEYの問い合わせが来たら y を選ぶ
正常に終わったら service httpd restart で終了
php -v とコマンドを打ち5.2.10になっていることを確認する。

この方法でお名前.COMのVPSで行った際は、php-sqlite2が入っているので依存関係のエラーでアップデートできませんでした。
あらかじめ、 yum remove php-sqlite* とうって削除しておきましょう。

以前書いたこの記事にあるような管理画面での不具合などは出ないようです。
live commerceのインストールが出来るかは未検証です。近いうちに行うと思いますが・・・

お名前.COMのVPSにlive commerceインストールメモにまとめました。

yumでPHPを5.2系にあげるリポジトリってもう少ないですね・・・
今回の方法でいつまで5.2系がいけるのかわかりませんがとりあえず"φ(・ェ・o)~メモメモ



Posted By:2011年8月 1日

WEBKEEPERS LinuxVPS



Posted By:2011年4月 8日

Yahoo!検索 Index Updateしたっぽい?

2010/11/15現時点では正式アナウンスは出ていませんが検索順位に大幅な変動があったことからアップデートがおかなわれた可能性があります。

グーグルとほぼ同じ検索結果になってきているってことは切り替わったのかな@@

どちらにしろ正式アナウンス待てってことでww

でもアメリカがbingで日本はgoogleを使うって何となく気持ち悪いような気がするってかほかの国はどうなってるんだろう



Posted By:2010年11月15日

エックスサーバー

レンタルサーバーのご契約をお考えなら業界トップクラスの多機能さと快適な速度を誇るエックスサーバーでどうぞ。
ドメイン、サブドメイン、メールアドレス、全てが無制限、低価格で最高クラスの品質をお届けいたします。



Posted By:2010年10月16日

YSTインデックスのフルアップデート

YSTのインデックスのフルアップデートが正式にアナウンスされました。

今の所大きな変動はみあたらないなw
何となく感じるのはカテゴリー登録しているサイトが順位アップしてるってとこかな

Yahoo!検索 Index Update (外部リンク)

 

アップデートよりグーグルとの統合のほうが気になる今日この頃でしたww



Posted By:2010年9月 3日

YST アップデートしたっぽい

本日(6月18日)TDPくらっていたサイトに大幅な検索順位変動がありました。
今年に入ってから4回目のアップデートになりますが、ここの所50日周期になっているのかな?

TDPを受けててもじっと我慢すればアップデートで元に戻るという事が証明されたってことかな@@

ちなみにアップデートの正式アナウンスは6月23日でした。
Yahoo!検索 Index Update



Posted By:2010年6月18日

hotmailにメール送れない part2

先々月ぐらいから大量のスパムメール(不着メール)が来るようになってからかは分からないけど、いつの間にかまたHotmail宛てのメールが送れなくなっていたww

しかたなく2年ぶりにSender IDの設定を更新し送れるようになりました。

今回は設定した内容を書いときますね^^

Sender ID Framework SPF Record Wizard(Sender IDの作成方法)

なにげにhotmailに送れない人たちが多いのかどうかはわからないけど、検索してくる人が多いいのでSender IDの作成手順を公開します。
ただし、これによって確実にメールが送れるという確約にならないのでご了承ください。
あくまでも送れるようになった、私が行った手順の公開ですのであなたの場合とは違うかもしれませんw

まず最初に
http://www.microsoft.com/mscorp/safety/content/technologies/senderid/wizard/
を開いて下記のようにしました。

Step 1 of 4: Identify Your Domain

あなたが新しいSPF記録を作成したいドメイン名を入力してくださいと言っているのでドメインを入力してStartを押す。

Step 2 of 4: Display Published DNS Records

SPF情報がある場合

SPF情報が無い場合

現在のSPFの情報が表示されます。
SPF情報があっても無くても次に進んで下さい。
私の場合は、以前設定した内容(IPアドレス情報だけの設定)ではまた送れなくなってしまったので今度は、ドメイン名とIPアドレスで設定したかったので・・・

IPアドレスだけのSPFは意味無い??(未検証なので意味あるかもしれません)

Step 3 of 4: Create SPF Record

SPF記録を以下のフォームを使用して、作成するか、または変更してください。 ウィザードがDNSで見つけた情報で既に形式のいくつかの一部分に記入してあります。

Domain Not Used for Sending E-Mail

このドメインからメール送信をしない場合は、No mail is sent from domainにチェックを入れる
このページを見ている人はメールが送れないで困っている人だと思うので、チェックは入れない。

Inbound Mail Servers Send Outbound Mail

1.ドメインからメールを送信するので、Domain's inbound servers may send mailにチェックを入れる
2.MXレコード上のメール送信サーバー名としてドメインが表示されている所にチェックを入れる。
3.追加するメール送信サーバーがある場合はテキストボックス内にドメインを入力する。

Outbound Mail Server Addresses

1.DNSのAレコードを持つ全てのサーバーから送信したいのでAll addresses listed in A records may send mailにチェックを入れる
2.ドメインに対応するIPアドレスが表示されているのでチェックを入れる。
3.メール送信を行う追加IPアドレスがあるのならテキストボックスにIPアドレスを入力する。
4.このサーバーから送信する他のドメインがあればテキストボックスにドメイン名を入力する。

Reverse DNS Lookup

1.逆引きホスト名は全ての送信サーバーに割り当てられるのでAll PTR records resolve to outbound email serversにチェックを入れる
2.ドメインに対するPTRレコードがほかにもあればテキストボックスに入力する。

Outsourced Domains

このサーバーから送信される可能性がある場合にテキストボックスにドメイン名を入力する。

Default

ここまで設定した条件と一致しないメールを送信しないのでNo; this domain sends mail only from the IP addresses identified above.を選択する

ちなみにラジオボックスの意味は下記のとおりです。

  • Yes; IPアドレスが違う可能性があります。
  • No; 上記で設定したアドレスです。
  • Neutral; IPアドレスが一致するか決めていません。
  • Discouraged; 指定した以外のホストからメールが送信されるかもしれません。
    (設定する意味無いような気がする・・・)

Scope

メール送信の正当性確認はどのようにしますか?ということなので送信者アドレスとメールのFromヘッダーの両方で確認したいのでBoth.を選択する。

ちなみにラジオボックスの意味は下記のとおりです。(上から記載しています)

  • 送信者アドレスで確認(RFC2822)
  • メールのFromヘッダーで確認(RFC2821)
  • 両方で確認

Step 4 of 4: Generate SPF Record

新しいSPF記録はあなたによって提供された情報に基づいて生成されました。 このドキュメントはDNSに発表されていません。 SPFテキスト記録を「すべてを選択してください」をクリックして、選択して、コピーしてください。 メモ帳か単語ドキュメントでのSPFテキスト記録を貼ってください、そして、あなたのDNS記録に挿入するネットワーク管理者にそれを提供してください。

出来あがったSPF情報
v=spf1 a mx ptr ip4:IPアドレス mx:ドメイン名 -all
をドメイン管理画面のDNSレコード設定でTYPEをTXTで貼りつけ設定する。
(各ドメイン管理会社によっては、TYPE TXTを許可していない場合があります。)

ちなみに・・・
私の持ってるドメイン管理会社、お名前.comは、レンタルDSNで設定できます。
バリュードメインはCOREサーバーなどの同社レンタルサーバーであれば設定できました。



Posted By:2010年4月12日