みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

石材を選ぶ

墓石に使われている石のほとんどは、花崗岩で一般的には御影石と呼ばれている石です。他にも安山岩や凝灰岩なども使用されています。いずれの石種も硬質で風化しにくく、磨くと光沢がでやすい特性をもっています。墓石には、実に豊富な石の種類があり、色や模様も様々です。

※ 実際の石材と、ここに掲載されている写真の石目・色味とは異なる場合がございます。

国内産石材

庵治石

名称:庵治石
産地:香川県木田郡庵治町
特長:日本一高級な石。細目(最も細かい目)から中目まであり、青味がかった石目に鱗のような微かな模様が浮かびます。墓石をはじめ、灯篭など彫刻物にも使われる超特上品です。
庵治中目石のPDF版を見る
庵治細目石のPDF版を見る


青木石

名称:青木石
産地:香川県丸亀市
特長:国産最高級石材庵治石ににも匹敵する高品質石種。管理方法が庵治石と異なる為、廉価で入手が可能。墓石用に採掘されているが、製品率が低く、殆どが造園用・建築用となる。
青木石のPDF版を見る


大島石

名称:大島石
産地:愛媛県大島
特長:国産の花崗岩の中でも特に堅く、粘りがあり、吸水率も低く、強い石種です。*艶持ちが大変良く、時間が経つにつれて青味が強く感じられ、一層深みのある石肌になってゆくのも魅力のひとつです。
大島石のPDF版を見る


浮金石

名称:浮金石
産地:福島県
特長:全体に金を散りばめたような美しい斑れい岩で、名前のとおり黒地の中に金や白色の斑が混じり、それが浮き出るが如く絹糸状に光を放つのが特徴です。
浮金石のPDF版を見る


本小松石

名称:本小松石
産地:神奈川県足柄下郡真鶴町
特長:微妙な色調の灰緑色で不思議な地模様があります。東京を中心に古い墓石や仏塔のほか、江戸城の石垣にも使われた由緒ある石です。関東の墓石材としては超特級品で、なかでも本小松石は価値の高い逸品です。
本小松石のPDF版を見る


万成石

名称:万成石
産地:岡山県岡山市万成
特長:中目(中くらいの目)が主体で独特の淡紅色をしています。石質が硬く墓石材には最適です。都内有名絵画館に使われ、関東でも注目されるようになりました。
万成石のPDF版を見る


羽黒糠目石

名称:羽黒糠目石
産地:茨城県西茨城郡岩瀬町
特長:石の模様が最も細かく、青味のあるものと白っぽいものがあります。墓石材としては特級品です。
羽黒糠目石のPDF版を見る


真壁石

名称:真壁石
産地:茨城県桜川市真壁町
特長:白系の花崗岩。関東では墓石材の代表格です。小目石(目の込んだ、目の細かい石)、中目石(中くらいの目の石)とも呼ばれています。
真壁小目石のPDF版を見る


稲田石

名称:稲田石
産地:茨城県笠間市稲田
特長:白雲母が美しく、艶が良いのが特長です。各官公庁の外壁にも多く使われています。
稲田石のPDF版を見る


輸入石材

河北山崎

名称:河北山崎
産地:中国河北省
特長:落ち着きのある色合いで、灰色の細かい粒子が織りなす石肌は独特です。
河北山崎のPDF版を見る


雪花青

名称:雪花青
産地:中国河北省
特長:石目は河北山崎と殆ど同じだが、落ち着いた青緑系の濃い色が特徴。丁場が不安定で、石目・色合いにバラつきがあり、製品率が低い。中国材の中では、艶ノリが良く光沢がある。
雪花青のPDF版を見る


中国マホガニー

名称:中国マホガニー
産地:中国山東省
特長:マホガニーの名の通り、茶系の御影石。洋型墓石に良く使用されます。
中国マホガニーのPDF版を見る


南平黒

名称:南平黒
産地:中国福建省
特長:中目の黒系御影石で、光沢がとても良く、艶やかなのが特長です。
南平黒のPDF版を見る


新稲田

名称:新稲田
産地:中国福建省
特長:茨城県産の稲田石に似た石肌。和型墓石、洋型墓石を問わず使用できます。
新稲田のPDF版を見る


新小目

名称:新小目
産地:中国福建省
特長:模様の均一なのが特長。墓石の定番として、広く用いられています。
新小目のPDF版を見る


新千石

名称:新千石(長楽)
産地:中国福建省
特長:中国産の灰色系御影石の代表格ともいえる新千石。シックな雰囲気をもつ石材です。
新千石のPDF版を見る


桜小目

名称:桜小目
産地:中国福建省
特長:桜のようなピンク系の石材。明るいイメージを好む方や洋型墓石に最適です。
桜小目のPDF版を見る


中国青葉

名称:中国青葉
産地:中国福建省
特長:やや青みがかった色合いが特長。墓石はもちろん外柵にも適しています。
中国青葉のPDF版を見る


小桜

名称:小桜
産地:中国福建省
特長:天然キズ・玉が少なく、石目が安定している。中国青葉に比べ、やや石目がぼやけている。
小桜のPDF版を見る


中国山崎

名称:中国山崎
産地:中国福建省
特長:山梨県産の本山崎石によく似ていて美しい。中国産の中では、最高級のグレー御影石。中国名は康美黒とも呼ばれる。
中国山崎のPDF版を見る


中国浮金

名称:中国浮金
産地:中国福建省
特長:ボタ・色違い・ムラなどに注意が必要だが、国産の浮金に似た美しさが魅力。建墓後数年で石肌の配色に変化がでる傾向があり、白い部分が鮮明になる。
中国浮金のPDF版を見る


AG98

名称:AG98
産地:中国福建省
特長:色合いは白系。目が細かく、大島石に模様がとてもよ良く似ている石材です。
AG98のPDF版を見る


新銀河

名称:新銀河
産地:中国福建省
特長:濃い青緑の独特な落ち着いた色合いが魅力の石。生産量が少なく、キズ・ムラ・色合いの違いなどに注意が必要。
新銀河のPDF版を見る


213

名称:213
産地:中国湖南省
特長:やや青みがかった石目が美しく、価格も手頃な為、人気のある石種。石目・色合いに多少ムラが出ることがある。
213のPDF版を見る


青糠目

名称:青糠目
産地:中国湖南省
特長:羽黒糠目に似た青みがかった綺麗な石目で、高級感がある。生産量が少なく、アイボリー系の玉が出たり、色合いの違いが出たりするので、安定供給が難しい。最近は、全体的にアイボリーがかったものが多くなっている。
青糠目のPDF版を見る


銀海

名称:銀海
産地:中国陜西省
特長:グレーの濃淡が美しい石目。石目・色合いのバラつき出ることもあるが、建墓後の石目の変化が少ない。中国の内陸部、陝西省から産出するダークグレー系粗目の石種。比較的淡い色合いと独特の鮮やかな結晶が特徴です。気品あふれる雰囲気は和型墓石、洋型墓石問わず引き立ちます。
銀海のPDF版を見る


黒庵治

名称:黒庵治
産地:中国陜西省
特長:国産の庵治石に似た斑模様の特徴で、黒い御影石。
黒庵治のPDF版を見る


黒龍

名称:黒龍
産地:中国黒龍江省
特長:中国黒龍で採石される石です。採石時期により色合いにバラつきが出ることがあります。
黒龍のPDF版を見る


栄州

名称:栄州
産地:大韓民国
特長:白御影石の中ではトップクラスの高級石材。美しい石目・色合いで実績もあり人気も高い。
栄州のPDF版を見る


クンナム

名称:クンナム
産地:インド
特長:インド産黒御影の最高級品で、独特の品のある石目が特徴。
クンナムのPDF版を見る


Y-1

名称:Y-1
産地:インド
特長:インド産黒御影の最高級品で、独特の品のある石目が特徴。石質は硬いので、風化には比較的強いが、時間の経過とともに白色の部分がうき出るケースがある。
Y-1のPDF版を見る


インド赤

名称:インド黒
産地:インド
特長:重厚感のある黒御影石。光沢があり、変色しにくいのも人気の理由です。
インド黒のPDF版を見る


名称:インド赤
産地:インド
特長:石材のなかでも最も赤い色合い。墓石だけでなくモニュメントなどにも適しています。
インド赤のPDF版を見る


インド緑

名称:インド緑
産地:インド
特長:深いグリーンが高級感を醸しだす石材。主に洋型墓石に使われます。
インド緑のPDF版を見る


アーバングレイ

名称:アーバングレイ
産地:インド
特長:若干緑がかったグレーの色調と透明感のある鮮やかな中目が特徴です。インド材のなかでは価格もお手頃なため人気があります。現在お墓の素材として使用されている御影石の中では、最高の耐久性を誇ります。
アーバングレイのPDF版を見る


マハマブルー

名称:マハマブルー
産地:インド
特長:青と紫が織りなす模様が独特。自分らしい個性を求める方におすすめしたい石材です。
マハマブルーのPDF版を見る


スウェーデン(ファイングレー)

名称:スウェーデン(ファイングレー)
産地:スウェーデン
特長:艶やかな黒が魅力的。石目がきれいで人気がある高級輸入石材です。
ファイングレーのPDF版を見る


ボナコート

名称:ボナコート
産地:スウェーデン
特長:現在墓石に使用される黒御影の中で最も評価の高い最高級品のスウェーデン産黒御影石のなかでボナコートはやや目が粗く比較的安価である。
ボナコートのPDF版を見る


フィンランド・グリーン

名称:フィンランドグリーン
産地:フィンランド
特長:ソフトなグリーンが独特の雰囲気を漂わす北欧の石材。洋型墓石にとても合います。
フィンランド・グリーンのPDF版を見る


ポルトガル

名称:ポルトガル SPI
産地:ポルトガル
特長:模様はシンプルで、色は白系。素朴さのなかに、ヨーロッパ特有の品を感じる石材です。
ポルトガルのPDF版を見る


石材を選ぶ
墓石に使われている石のほとんどは、花崗岩で一般的には御影石と呼ばれている石です。他にも安山岩や凝灰岩なども使用されています。いずれの石種も硬質で風化しにくく、磨くと光沢がでやすい特性をもっています。墓石には、実に豊富な石の種類があり、色や模様も様々です。

※ 実際の石材と、ここに掲載されている写真の石目・色味とは異なる場合がございます。

国内産石材

庵治石

名称:庵治石
産地:香川県木田郡庵治町
特長:日本一高級な石。細目(最も細かい目)から中目まであり、青味がかった石目に鱗のような微かな模様が浮かびます。墓石をはじめ、灯篭など彫刻物にも使われる超特上品です。
庵治中目石のPDF版を見る
庵治細目石のPDF版を見る


青木石

名称:青木石
産地:香川県丸亀市
特長:国産最高級石材庵治石ににも匹敵する高品質石種。管理方法が庵治石と異なる為、廉価で入手が可能。墓石用に採掘されているが、製品率が低く、殆どが造園用・建築用となる。
青木石のPDF版を見る


大島石

名称:大島石
産地:愛媛県大島
特長:国産の花崗岩の中でも特に堅く、粘りがあり、吸水率も低く、強い石種です。*艶持ちが大変良く、時間が経つにつれて青味が強く感じられ、一層深みのある石肌になってゆくのも魅力のひとつです。
大島石のPDF版を見る


浮金石

名称:浮金石
産地:福島県
特長:全体に金を散りばめたような美しい斑れい岩で、名前のとおり黒地の中に金や白色の斑が混じり、それが浮き出るが如く絹糸状に光を放つのが特徴です。
浮金石のPDF版を見る


本小松石

名称:本小松石
産地:神奈川県足柄下郡真鶴町
特長:微妙な色調の灰緑色で不思議な地模様があります。東京を中心に古い墓石や仏塔のほか、江戸城の石垣にも使われた由緒ある石です。関東の墓石材としては超特級品で、なかでも本小松石は価値の高い逸品です。
本小松石のPDF版を見る


万成石

名称:万成石
産地:岡山県岡山市万成
特長:中目(中くらいの目)が主体で独特の淡紅色をしています。石質が硬く墓石材には最適です。都内有名絵画館に使われ、関東でも注目されるようになりました。
万成石のPDF版を見る


羽黒糠目石

名称:羽黒糠目石
産地:茨城県西茨城郡岩瀬町
特長:石の模様が最も細かく、青味のあるものと白っぽいものがあります。墓石材としては特級品です。
羽黒糠目石のPDF版を見る


真壁石

名称:真壁石
産地:茨城県桜川市真壁町
特長:白系の花崗岩。関東では墓石材の代表格です。小目石(目の込んだ、目の細かい石)、中目石(中くらいの目の石)とも呼ばれています。
真壁小目石のPDF版を見る


稲田石

名称:稲田石
産地:茨城県笠間市稲田
特長:白雲母が美しく、艶が良いのが特長です。各官公庁の外壁にも多く使われています。
稲田石のPDF版を見る


輸入石材

河北山崎

名称:河北山崎
産地:中国河北省
特長:落ち着きのある色合いで、灰色の細かい粒子が織りなす石肌は独特です。
河北山崎のPDF版を見る


雪花青

名称:雪花青
産地:中国河北省
特長:石目は河北山崎と殆ど同じだが、落ち着いた青緑系の濃い色が特徴。丁場が不安定で、石目・色合いにバラつきがあり、製品率が低い。中国材の中では、艶ノリが良く光沢がある。
雪花青のPDF版を見る


中国マホガニー

名称:中国マホガニー
産地:中国山東省
特長:マホガニーの名の通り、茶系の御影石。洋型墓石に良く使用されます。
中国マホガニーのPDF版を見る


南平黒

名称:南平黒
産地:中国福建省
特長:中目の黒系御影石で、光沢がとても良く、艶やかなのが特長です。
南平黒のPDF版を見る


新稲田

名称:新稲田
産地:中国福建省
特長:茨城県産の稲田石に似た石肌。和型墓石、洋型墓石を問わず使用できます。
新稲田のPDF版を見る


新小目

名称:新小目
産地:中国福建省
特長:模様の均一なのが特長。墓石の定番として、広く用いられています。
新小目のPDF版を見る


新千石

名称:新千石(長楽)
産地:中国福建省
特長:中国産の灰色系御影石の代表格ともいえる新千石。シックな雰囲気をもつ石材です。
新千石のPDF版を見る


桜小目

名称:桜小目
産地:中国福建省
特長:桜のようなピンク系の石材。明るいイメージを好む方や洋型墓石に最適です。
桜小目のPDF版を見る


中国青葉

名称:中国青葉
産地:中国福建省
特長:やや青みがかった色合いが特長。墓石はもちろん外柵にも適しています。
中国青葉のPDF版を見る


小桜

名称:小桜
産地:中国福建省
特長:天然キズ・玉が少なく、石目が安定している。中国青葉に比べ、やや石目がぼやけている。
小桜のPDF版を見る


中国山崎

名称:中国山崎
産地:中国福建省
特長:山梨県産の本山崎石によく似ていて美しい。中国産の中では、最高級のグレー御影石。中国名は康美黒とも呼ばれる。
中国山崎のPDF版を見る


中国浮金

名称:中国浮金
産地:中国福建省
特長:ボタ・色違い・ムラなどに注意が必要だが、国産の浮金に似た美しさが魅力。建墓後数年で石肌の配色に変化がでる傾向があり、白い部分が鮮明になる。
中国浮金のPDF版を見る


AG98

名称:AG98
産地:中国福建省
特長:色合いは白系。目が細かく、大島石に模様がとてもよ良く似ている石材です。
AG98のPDF版を見る


新銀河

名称:新銀河
産地:中国福建省
特長:濃い青緑の独特な落ち着いた色合いが魅力の石。生産量が少なく、キズ・ムラ・色合いの違いなどに注意が必要。
新銀河のPDF版を見る


213

名称:213
産地:中国湖南省
特長:やや青みがかった石目が美しく、価格も手頃な為、人気のある石種。石目・色合いに多少ムラが出ることがある。
213のPDF版を見る


青糠目

名称:青糠目
産地:中国湖南省
特長:羽黒糠目に似た青みがかった綺麗な石目で、高級感がある。生産量が少なく、アイボリー系の玉が出たり、色合いの違いが出たりするので、安定供給が難しい。最近は、全体的にアイボリーがかったものが多くなっている。
青糠目のPDF版を見る


銀海

名称:銀海
産地:中国陜西省
特長:グレーの濃淡が美しい石目。石目・色合いのバラつき出ることもあるが、建墓後の石目の変化が少ない。中国の内陸部、陝西省から産出するダークグレー系粗目の石種。比較的淡い色合いと独特の鮮やかな結晶が特徴です。気品あふれる雰囲気は和型墓石、洋型墓石問わず引き立ちます。
銀海のPDF版を見る


黒庵治

名称:黒庵治
産地:中国陜西省
特長:国産の庵治石に似た斑模様の特徴で、黒い御影石。
黒庵治のPDF版を見る


黒龍

名称:黒龍
産地:中国黒龍江省
特長:中国黒龍で採石される石です。採石時期により色合いにバラつきが出ることがあります。
黒龍のPDF版を見る


栄州

名称:栄州
産地:大韓民国
特長:白御影石の中ではトップクラスの高級石材。美しい石目・色合いで実績もあり人気も高い。
栄州のPDF版を見る


クンナム

名称:クンナム
産地:インド
特長:インド産黒御影の最高級品で、独特の品のある石目が特徴。
クンナムのPDF版を見る


Y-1

名称:Y-1
産地:インド
特長:インド産黒御影の最高級品で、独特の品のある石目が特徴。石質は硬いので、風化には比較的強いが、時間の経過とともに白色の部分がうき出るケースがある。
Y-1のPDF版を見る


インド赤

名称:インド黒
産地:インド
特長:重厚感のある黒御影石。光沢があり、変色しにくいのも人気の理由です。
インド黒のPDF版を見る


名称:インド赤
産地:インド
特長:石材のなかでも最も赤い色合い。墓石だけでなくモニュメントなどにも適しています。
インド赤のPDF版を見る


インド緑

名称:インド緑
産地:インド
特長:深いグリーンが高級感を醸しだす石材。主に洋型墓石に使われます。
インド緑のPDF版を見る


アーバングレイ

名称:アーバングレイ
産地:インド
特長:若干緑がかったグレーの色調と透明感のある鮮やかな中目が特徴です。インド材のなかでは価格もお手頃なため人気があります。現在お墓の素材として使用されている御影石の中では、最高の耐久性を誇ります。
アーバングレイのPDF版を見る


マハマブルー

名称:マハマブルー
産地:インド
特長:青と紫が織りなす模様が独特。自分らしい個性を求める方におすすめしたい石材です。
マハマブルーのPDF版を見る


スウェーデン(ファイングレー)

名称:スウェーデン(ファイングレー)
産地:スウェーデン
特長:艶やかな黒が魅力的。石目がきれいで人気がある高級輸入石材です。
ファイングレーのPDF版を見る


ボナコート

名称:ボナコート
産地:スウェーデン
特長:現在墓石に使用される黒御影の中で最も評価の高い最高級品のスウェーデン産黒御影石のなかでボナコートはやや目が粗く比較的安価である。
ボナコートのPDF版を見る


フィンランド・グリーン

名称:フィンランドグリーン
産地:フィンランド
特長:ソフトなグリーンが独特の雰囲気を漂わす北欧の石材。洋型墓石にとても合います。
フィンランド・グリーンのPDF版を見る


ポルトガル

名称:ポルトガル SPI
産地:ポルトガル
特長:模様はシンプルで、色は白系。素朴さのなかに、ヨーロッパ特有の品を感じる石材です。
ポルトガルのPDF版を見る