みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

お墓(霊園・墓地)を探す

墓地は大きく分けて民営墓地、公営墓地、寺院墓地の3つに分類されます。民営墓地の多くは宗教、応募資格などを問いませんが、ほとんどの公営墓地では、墓地を所有する自治体に現住所があることなど、申込み制限を設けています。また寺院墓地は宗教の制約、檀家契約の義務などを条件としている場合があります。

宗教や施設など、まず条件に合う墓地を探してみましょう。

民間の霊園を探す

今最も多く利用されている形態です。財団法人や社団法人が運営していたり、民間が宗教法人から運営の委託を受けている霊園で、一般的には宗旨宗派を問わずに申込むことが出来ます。
公営霊園と比べると永代使用料や管理料などは割高になりますが、遺骨の有無などによって申し込みに制限をかけられることはほとんどありません。霊園によっては、お墓のデザインや大きさなどを自由に選べる所もありますが、墓石の購入に対しては、「指定石材店」といって特定のいくつかの石材店から購入することが条件付けられておりますで、その中から決まることになります。多くの人は、石材店が作ったチラシや広告によって、石材店を通して霊園と契約することとなります。この場合、紹介してもらった石材店から墓石を購入することになります。また、直接霊園に見学しに行ったり、連絡をした場合も、実際には特定の石材店によって説明を受け、案内されることになりますので、霊園を検討する際には、同時に石材店も考える必要があります。
最近では緑地や広場や法要施設が整備されていたり、公園のように広くて明るい雰囲気のある霊園も多くなってきています。

お寺の墓地を探す

大抵はお寺の境内にあり、その寺院が管理している墓地のことをいいます。
寺院墓地のお墓を持つということは、そのお寺の檀家になることが前提となっていることがほとんどなので、必ずそのお寺の住職にお寺の行事やお付き合いの仕方について確認しておいたほうがいいでしょう。同時に、住職の人柄についても長く信頼してお付き合いが出来るかどうか考慮に入れる必要があります。
利点としては手厚く供養していただけるという点です。お墓が境内にありますので法要も本堂で営めますし、頼めばいつでも僧侶が読経して供養してくれます。お寺の中にあるので管理面も安心できます。
石材店を自由に選べる寺院もあれば出入りの石材店が決まっている場合もあります。実際には、お寺の紹介で決める場合がほとんどです。また、民間霊園と同様に、寺院墓地と石材店を通して契約した場合は、その石材店から墓石を購入します。

公営の霊園を探す

都道府県、市区町村などの地方自治体が管理・運営している霊園です。
申し込みや問い合わせは、各都道府県や市区町村役場になります。
公営霊園は、墓地にとって最も重要な永続性が保証されていて、永代使用料や管理料が安く抑えられています。また、自治体が管理しているので、宗旨・宗派による申し込みの制限など宗教的な制約は一切ありません。ただし、契約に関しては色々と条件がつきます。現住所や継承者がいる、遺骨があるなど様々です。募集に関しても随時行っているわけではありませんし、募集があっても大抵が希望者が多いため抽選で決める為、購入が困難なのが現状です。また、大規模開発のところが多く、立地の面で不便な所も少なくありません。石材店はほとんど自由に選べますが、なかには自治体内の石材店が指定されているところもありますので、詳しくは自治体に問い合わせることをお薦めします。

納骨堂

一般のお墓は、墓石の下に遺骨を埋蔵しますが、納骨堂は建物の内に遺骨を納めます。ロッカー式のものが多く見られますが、仏壇タイプや建物の中に墓石を置くのも、また最近ではコンピューター管理の納骨堂など様々な種類が見られます。

永代供養墓

跡継ぎとなる継承者の有無を前提としておらず、お寺が永代にわたって供養・管理することを約束するお墓のことです。購入時に永代供養料を納めます。

散骨

散骨(さんこつ)とは、一般には、故人の遺体を火葬した後の焼骨を粉末状にした後、海、空、山中等でそのまま撒く葬送方法をいう。

樹木葬

樹木葬(じゅもくそう)は、墓石ではなく墓碑として樹木を指定した葬儀の仕方。