みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

お墓の歴史について

お墓の歴史について解説いたします

大化の改新以前のお墓では

縄文・弥生と生活形態にそくした埋葬が行われてきました。中でも大きな力を持つ人々が現在でいう古墳と呼ばれる大きな墓などを作り今日まで残っています。大化の改新により、墳墓の造営の規律を定めた「薄葬令」と呼ばれる詔勅がだされ、これに墓の規模、葬儀の方法などが細かく記されており、お墓の歴史が、この詔勅によって始まったといってもよいでしょう。

火葬

文武4年に遺言によって「僧 道昭」が火葬にされてから、上層階級に広がり、以後次第に庶民にも広がってゆくことになります。

お墓の原型

仏教は、やがて庶民の中に浸透し、江戸時代に檀家制度が確立してきますが、まだまだ庶民は盛り土をし、目印しとして木や石を置く程度でした。武士階級では、板塔婆や石塔婆の墓標が全盛となり、お墓の原型ができたといえます。

火葬のひろがり・公園墓地

明治維新で、檀家制度は法律の上での根拠を失い、一般には近代的な公園墓地が出現します。土地不足も伴い、明治7年には、青山・谷中・雑司が谷・染井等の公営墓地がつくられ、大正12年には、多磨墓地がつくられました、それを機に基本的に全て火葬へと移行していきます。昭和10年に八柱霊園、昭和23年に小平霊園、昭和46年には八王子霊園がつくられました。いずれも広大な敷地をもち、自然との調和を計りつつ区画化された公園墓地です。最近では民営の管理・運営の霊園が、次第に増加し、近県にまで拡大しています。また近年生前建墓される方も増えています。形態も屋外の平面墓地から、屋内墓所、霊廟、納骨堂といった新しい感覚の墓所も現れ、それぞれ特色のある墓所として定着してきています。

神道

仏教のみならず日本では古来より神々の信仰というものがあります。神道は自然発生的に生まれてきた宗教であり、豊かな自然、日本という風土の中で育まれた民族宗教です。他宗教と違い、いつ、だれが開いたというものではなく、特定の起源は明らかではありません。仏教が伝来したことにより、社殿や神像などが造られ、仏教と次第に融合してゆきます。その後、元禄時代になると、日本古来の純粋な神道への回帰を求める「復古神道」が唱えられ、明治の初期、政府によって神仏分離が行われ、神社から仏教的要素が払拭されます。昭和21年に神社本庁が設立され、『敬神生活の綱領』が、昭和31年にまとめられています。