みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

お墓参りについて

お墓参りについて解説いたします

時期

お墓参りの時期に、決まりはありません。毎日行かれる方もいらっしゃいます。多くの方は、お盆・春や秋のお彼岸・お正月・故人の命日にお参りするようです。

持ち物

掃除用具(詳細はお墓の掃除の仕方参照)・お花・お供え・半紙・線香・ろうそく・マッチ(ライター)などですが墓地で貸し出ししているものもありますので確認するほうがよいでしょう。

お墓参りの前に

管理者への挨拶・霊園の場合は管理事務所を訪ねます。寺院墓地の場合は僧侶への挨拶や本堂にもお参りしましょう。手を洗い清め、お墓に着いたら合掌し、まずお墓の掃除を行います。墓石に水をかけ、汚れやほこり、こけなどを洗い落とした後、水気を布類で拭きます。(掃除の詳細はお墓の掃除の仕方参照)

仏教のお墓参り

掃除が終了したら、お墓の上部から水をかけます(浄土真宗などの宗旨や地域によっては、水をかけないこともあります)。花を供え、供物を供え、ろうそくに火を灯し、線香に火をつけます、このとき燃え上がった炎を息で吹き消したり、燃えたまま横に寝かせるのは厳禁。手であおいで消しましょう。
お供えをする場合は、汚れないように、器か半紙などにのせお供えしましょう。墓石を清め、仏の喉を潤すため新しく汲んだ水を墓石にかけ、数珠を持ち墓石の正面に向かって合掌礼拝します。複数の人数でお参りする場合は、血縁の深い順に行うのが一般的です。姿勢は、しゃがむか腰を低くしますが、宗派によって異なるようです。後は、火の始末をし、お供物を持ち帰ります。
帰るときも、霊園の管理事務所や僧侶への挨拶を忘れずに。(これはあくまでも一般例です、近くにきたのでお墓に寄って、手を合わせるだけでも、十分なご供養になります。)

神道のお墓参り

お花ではなく、榊を供え、お供物(故人の嗜好品、お塩やお酒など)を八足台(供物台)の上に供え、ろうそくに火を灯し、墓前で二礼二拍手一礼を行います。月の命日や、1年祭、3年祭、などにお参りすることが多いようです。

キリスト教のお墓参り

花を供え、墓前でお祈りします。時期の決まりはありませんが、命日にお参りすることが多いようです。

参考:お寺へのお墓参りのしかた

  • 山門に入る前に一礼し、心をお静め。
  • 本堂前に行き、お参りします。
  • 住職にごあいさつ。
  • そして樒(しきび)、線香を分けていただきます。
  • お墓をきれいに清掃し、水をたっぷりと供養してお参りをします。
    お水のかけ方は、本来はいちばん上からではなく、中段からお水をおかけするのが正式です。
  • 山門退出時は、一礼してください。