みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

お墓の改葬

こちらは場所を動かすことになりますから、色々な手続きが必要となります。
墓地埋葬に関する法律の規定に従い手続きを行います、各自治体によって証明書・許可書発行に多少の違いがあります。

手順

  • 引越し先の墓地管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。
  • 今までの墓地の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらいます。
  • 市区町村役場に申請し、「改葬許可証」を交付してもらいます。
  • 今までの墓地管理者に「改葬許可証」を提示して、遺骨を取り出し、「御魂抜き」(閉眼供養)の法要をします。
  • 引越し先の墓地の管理者に「改葬許可証」を提示し、新しいお墓に遺骨を納骨します。
    新しく墓石を建てた時と同様に「開眼供養」(御魂入れ)納骨法要を行うこととなります。

改葬の理由

改葬の理由としてもっとも多いのは、次の継承者の居住地がお墓から遠いなど、住所変更にともなうものです。このほか、霊園そのものが移転することになり、使用者の都合とは関係なく、改葬せざるを得なくなる場合もあります。

古い墓石は・・・

骨を取りだした後の墓石は、御魂抜き(閉眼供養)を行なったのち処理されます。御魂抜き(閉眼供養)とは、お墓をただの石に戻してもらう供養です。