みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

お墓の知識

お墓の歴史や予備知識など役立つ情報が満載です。

お墓の歴史について

お墓の歴史について解説いたします

お盆・お彼岸とは

お盆・お彼岸について解説いたします

お墓参りについて

お墓参りについて解説いたします

お墓の掃除の仕方

お墓の掃除の仕方について解説いたします

お墓のリフォーム

お墓のリフォームについて解説いたします

トラブルQ&A

トラブルQ&A

永代使用料

お墓は土地そのものが売買されるのではなく、永代使用料の権利を得るという形を取っています。そこで支払われる代金を「永代使用料」といいます。使用権には期限がなく、お墓の継承者がいて管理料が支払われている限り、使用者の権利は代々に渡って受け継がれていきます。

墓石工事代

墓石を建てるのにかかる費用です。墓石の代金とその工事代も含めて、墓石工事代といいます。

管理料

墓域内の通路、水場、駐車場、休憩所、管理事務所などの共用施設の維持・管理のために使用する費用のこと。一般的に墓地を取得した場合、永代使用料の他に管理料のお支払いが必要となります。

永代供養

管理者に永代供養料を支払うことで、本人に代わって半永久的に供養してもらうことをいいます。一般的に寺院が管理する霊園で行われています。

開眼供養(かいげんくよう)

僧侶の手によって「お墓」をただの石から、仏様の魂が宿ったものにする儀式のことです。新たに仏像の目を開くという意味を持ち、「入魂式」「魂入れ」とも呼び、お墓の完成した日または、一周忌や彼岸、お盆などの法要の時に行います。生前にお墓を建てた場合はできるだけ早く行ったほうが良いでしょう。

年回法要

故人の年回忌にあたる時期にとり行う法事のこと。一周忌、三回忌など。

寿陵(じゅりょう)

生前に墓石を建てること。

改葬

故郷にある先祖代々のお墓を現在のお住まい周辺の他霊園などに移転すること。手続きの際、市町村長の許可が必要となります。

散骨

自然にかえりたいと望む人の遺灰を山や海にまく儀式。

芝生墓地

一面芝生の中に高さの低い墓石を置いた墓地。

壁墓地

自然石やコンクリートで壁を造成し、その壁面を連続的な墓碑、または納骨施設として利用した墓地。

合葬墓

ひとつのお墓に複数のご遺骨を安置して葬るお墓のこと。

納骨堂

ご遺骨を収蔵するために納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設。

寺院墓地

寺院墓地は一般的に寺院の境内や隣接してある檀家のための墓地をいいます。通常、檀家でない方は、入檀が必要となります。

檀家

その寺に属し、寺の維持を助ける信者の家のこと。

外柵

境界を明確にするために墓地の周囲を囲む柵のこと。

カロート(PDF版を見る

骨壺を納める場所。墓石の下に埋め込まれている納骨室のこと。

墓誌(PDF版を見る

戒名を刻んだ石碑のこと。

香炉(PDF版を見る

香を焚くときに使うもの。

花立・水鉢(PDF版を見る

お墓参りの際に花、水を供えるもの

塔婆立て(PDF版を見る

塔婆は、もとはお釈迦様の遺骨を納めた仏舎利塔(ストゥーパ)に漢字をあてたものだと言われています。
一般的には、塔婆には戒名や経文を記します。
塔婆立ては、墓石の背面に設置します。外柵に組み込まれたものも多く、またステンレスなどの金属だけでつくられる場合もあります。

玉砂利・敷石(PDF版を見る

玉砂利は色や大きさなど、さまざまなものが選べます。玉砂利は美観だけでなく、雑草を防ぐ効果もあります。また最近ではお手入れのしやすさから、敷石を張り詰める形式も多くみられます。

燈篭(PDF版を見る

燈篭はお墓の入り口などの左右両側、または片側に建てます。「丸墓前灯籠」「角墓前灯籠」「置灯籠」「雪見灯籠」などのいろいろな形状があります。