みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

お墓の費用

希望する霊園でお墓を建てた場合の墓地代、墓石代、年間管理料の総額が予算の範囲内であるかが購入を決める重要な要素です。お墓は一生に一度のお買い物。見積もりを参考に、お墓にかかる費用をご家族皆さんで十分に話し合う必要があるでしょう。

永代使用料

「永代使用料」は墓地の契約する際に支払う代金です。「永代使用料」とは、墓所を永代に渡って使用する権利を得るためにかかる費用です。したがって、不動産売買と違って、墓地については所有権ではなく、使用権を取得するかたちとなります。「永代使用権」にはお墓の継承者がいる限り、墓地使用の権利が代々に渡って継承されていきます。ちなみに「永代使用料」はあくまで使用権ですので、支払いの際に消費税はかかりません。
永代使用料の相場としては、公営霊園、民営霊園、寺院墓地の順で安いのが現状です。ですので、1m2あたりの永代使用料の単価が比較的安いのは公営霊園です。ただし、公営霊園は最も小さい区画面積が4m2なので、実際、墓地と墓石を含めた費用は割安になるとは限りません。その点では民営霊園の場合、最も小さい区画面積が1m2以下の霊園が多いので墓地が狭くても構わなければ、総額も割安に抑えることも可能です。
永代使用料は、地域の坪単価、霊園の開発費用及び運営費用、区画の立地(区画が角地、もしくは東向きなど)などの諸条件により大きく変わります。
事前に霊園の資料を取り寄せ、霊園見学をしながら、ご家族のお墓を自分で納得するまで探すことをお勧めします。

墓石工事代

墓石工事代は墓石、外柵、納骨棺の材料費およびその工事代を含めた費用を言います。墓石の価格は、石材の種類(硬度、石目、産地)、墓石に要する石材の大きさ、墓石の加工の仕方、墓所内に建てる付属品(墓誌、燈篭、水鉢、名刺受、地蔵)の有無によって、大幅に異なります。そのため、墓石の価格は10万円程度から1,000万円以上とかなり幅があります。石材が国内産石材か輸入石材かでも価格は変わってきます。全体として、輸入石材の方が割安ですが、輸入石材でも品質の高いものは割高となります。国内産石材でも採取量が少なく高価である場合も多々あります。
墓石の品質で重視すべきことは、「硬度の高さ」「水の吸いにくさ」「石目の細かさ」の3つです。
墓石を購入する際は、使用する予定の石材の見本をしっかりと確認し、判断しましょう。

管理料

墓地の管理事務所、通路、水場、駐車場、休憩室、法要堂などの諸施設の維持管理及び清掃にかかる要する費用を年に1回、墓地利用者は払うことになっています。マンションの共益費に近いと言えるでしょう。ちなみにお墓が建っていなくても、永代使用権を所得した時から支払わなければなりません。
管理料の相場としては、東京の公営霊園で1m2あたり1180円~、民営霊園で6000円~2万円程度、寺院墓地でお布施等として6000円~2万5000円程度となっています。管理料は数年滞納すると墓地を更地にして返還しなければならなくなりますので、注意しましょう。霊園の中には、承継者がいなくても使用可能な永代供養墓を設置している場合もあります。