W3C準拠(WEB標準)でホームページ作成・制作が品質基準です!

Web標準準拠(W3C準拠)

Web標準準拠(W3C準拠)
Web標準 (Web Standards) とは、W3CやISO、IETFなどの国際団体が策定している「World Wide Webで利用される技術の標準となるもの」をさします。
国際団体の中でも、W3C(World Wide Web Consortium)は、Webの発展と互換運用を確保するための仕様を開発している組織で、Web標準の中心的役割を果たしています。
Web標準に準拠した開発とは、W3Cの提唱に基づき、文書の構造定義であるHTMLと見栄えの表現定義であるCSSを本来の目的で使用することをいいます。デザインなど見栄えに関わる表現定義が別ファイルにまとめられることで、文書構造がシンプルにコード化されたドキュメントになり、ファイルの軽量化だけでなくブラウザ間の表示の差異を抑えられます。
また、Web標準に準拠することは、アクセシビリティやユーザビリティの向上、SEO(Search Engine Optimizaiton / 検索エンジン最適化)においても有効な対策の1つとなります。
みんなでねっと!では、Webサイト開発をWeb標準に準拠させる重要性について、企業や公的機関が持つ社会への責務の大きさと同等であると考えます。
※本サイトはW3Cの提唱するXHTML1.0に準拠して構築しています。
※全てのプロジェクトで、Web標準準拠を品質保障としてご提供します。
※サイトの基幹システムの仕様によっては導入できない場合もございます。

Web標準準拠(W3C準拠)のメリット

メンテナンス性の向上
ブラウジングスピードの向上
ファイルの軽量化による負荷軽減
ブラウジング環境の互換性の確保
アクセシビリテの向上
ユーザビリティの向上
SEO対策

写真素材 PIXTA