W3C準拠(WEB標準)でホームページ作成・制作が品質基準です!

アクセシビリティの向上

アクセシビリティの向上
2004年6月21日にJIS規格として公示された日本初のWebコンテンツに関するアクセシビリティ規格です。
高齢者及び障害者等のある人が、Webコンテンツを利用する際の情報アクセシビリティを確保するために、Webサイトを構築・運用する中で配慮すべき事項が規定されています。

アクセシビリティの考え方

Webが一般的なメディアとして認識されるようになり、様々なユーザーに対応する為にアクセシビリティが重要視されるようになってきました。
Webサイトは多くの場合、不特定多数のユーザーからアクセスされるメディア、Webアクセシビリティとは、このような様々なアクセス環境や高齢者、障害者にも配慮してWebサイトを構築することです。 Webアクセシビリティに考慮してつくられたWebサイトは、多くの環境や手段からのアクセスを容易にし、高齢者や障害者だけでなく、誰にも使いやすいWebサイトになります。
また多くの場合、規格やガイドラインが整備されており、そのチェック項目をクリアすることが1つの指針となります。

写真素材 PIXTA