みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

トラックバックポリシー

ABOUTのページに、このブログのトラックバックポリシーを明記することにしました。自分の頭の中にはルールが定められてはいましたが、明記しておけば、このブログにトラックバックを送る側も安心して利用できるでしょうから。

このブログは原則トラックバック自由です。トラックバックの送り先の記事に関連のある記事であれば自由にトラックバックをして下さい。その際、記事の中に「参照元」としてこちらのページのリンクが記述されていることが望ましいですが、リンクがない場合でも、こちらから逆トラックバックを打たさせていただきますので、問題ありません。

ただし、以下の場合はトラックバックをこちらで削除させていただく可能性があります。あくまでここは個人のサイトですので、削除されて不服の場合は、意見はお聞きしますが、それに応えることが出来ない場合もございますので、それは事前にご了承下さい。

  1. 同じページから複数回トラックバックが打たれている
    トラックバックを複数回間違って打ってしまったものとみなします。こちらで勝手に削除しますので、コメント欄などで「間違いました。削除して下さい」などと書く必要はありません。なお、同一サイトの別の記事からならば問題ありません。
  2. トラックバック元の記事の関連性が極めて低い
    キーワードは同じであっても、その内容に関連性が低く、こちらの記事からそちらの記事にリンクが貼られる必要性が極めて低い場合、参照元として記述されていても削除する可能性があります。私個人に何かを宣伝したい場合は、メールやメッセンジャーを通じてお願いします。
  3. リンク先のページが閲覧できない
    ブログの移動、ページURLの変更などでトラックバック先に移動できない場合、こちら側でリンクを削除させていただくことがあります。ページが移動した場合は、再びトラックバックを打ってもらってもかまいません。また、認証が必要で閲覧できないページからトラックバックをいただいたこともありましたが、閲覧できないのでは意味がないので削除させていただきました。
  4. リンク先のページにこちらのリンクがはれない
    リンク先のページ内に、参照元のリンクとしてこちらのページが貼られておらず、コメントおよびトラックバックが利用不可で、リンクが一方方向のみの場合は、トラックバックを削除させていただく可能性があります。記事内にリンクをはったり、コメントやトラックバックを利用可能にしてから再トラックバックを下さい。
  5. その他管理人が不適当と判断する場合
    リンク先のページにブラクラが仕込まれていたり、グロ画像や残虐な映像が掲載されてる、または個人に対する誹謗中傷が展開されているなど、管理人やこのブログの利用者が不快に感じる可能性のあるものに関しては、管理人個人の判断で削除させていただく可能性があります。

トラックバックのやり方に関しては、引用元の人に見てもらいたい通知目的の場合や、PageRank稼ぎのために無差別にトラックバックを送るスパムのような場合などいろいろあります。私は文中に参照元リンクのないページで、こちらからトラックバックを送ったことはたぶんないと思いますが、トラックバック自体は非常にうれしいので、あまり固いことを言わずに対応できればとは思います。