みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

Plesk環境のVPSにLive Commerceをインストールしてみる

Plesk環境にLive Commerceをインストールする場合は、ここの方法でPHPを5.2.10にアップデートして下さい。

その後、必須モジュールのインストールをここの方法でインストールして下さい。

SSHからviで編集するのがめんどくさいのでconfディレクトリーのパーミッションの変更を変更しちゃうw
chmod 777 /var/www/vhosts/ドメイン名/conf
これで、confファイルがFTPで転送できる。

confファイルの作成
confディレクトリー内にhttpd.includeというファイルがありますが、このファイルを変更してもすぐに元に戻ってしまいます。Pleskが勝手に元に戻しちゃうんですね

vhost.confとvhost_ssl.conf(ssl対応の場合)ファイルを作りFTPでconfディレクトリーに転送する。(これをしないとLive Commerceのインストールが出来ません)
内容は、下記のとおりです。(通常、両方とも同じ内容でOK)

----------------この下から------------------
DocumentRoot /var/www/vhosts/ドメイン名/public_html

<Directory /var/www/vhosts/ドメイン名/public_html>
<IfModule mod_php5.c>
php_admin_flag engine on
php_admin_flag safe_mode off
php_admin_value open_basedir "/var/www/vhosts/ドメイン名/public_html:/var/www/vhosts/ドメイン名:/tmp:/var/www/vhosts/ドメイン名/admin:/var/www/vhosts/ドメイン名/application:/var/www/vhosts/ドメイン名/cache:/var/www/vhosts/ドメイン名/catalog:/var/www/vhosts/ドメイン名/library"
</IfModule>
</Directory>
----------------この上まで------------------

注意:ドキュメントルートもpublic_htmlに変更しています。

ここまで行えばもうインストールできるはずです。たぶんw

インストール画面で、その他のモジュールに×がついている場合はそのモジュールをインストールしてね
GD library が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-gd

mbstring が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-mbstring

iconv が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install glibc

PDO が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-pdo

mcrypt が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-mcrypt

dom が×の場合
yum --enablerepo=c5-testing install php-xml

多分こんな感じ(違ったら教えてw)

SSHやサーバーの設定をいじるので慎重に!
私は一切責任は取りませんので、みなさんの自己責任で行って下さいね^^



Posted By:2011年8月29日

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.minnadenet.com/mt/mt-tb.cgi/763

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)