みんなでねっと!は世界最小のポータルサイトを目指しています。

お名前.COMのVPSにLive commerceのインストールメモ

お名前.COMのVPSにLive commerceのインストールメモ

1.VPS管理画面にログイン

セキュリティー > アップデート > 変更 とたどり
アップデートなし(上級者向け) にチェックを次へ > 変更 >戻るで

現在のアップデート方法:アップデートなし(上級者向け)になっていることを確認

セキュリティー > ファイヤーウォール とたどり
SSHにチェックを入れ 上の許可に変更をクリック > 設定を押す


2.SSHで接続しコマンドで操作

PuTTYなどのクライアントソフトで接続する

一般アカウントにあるSSH(FTP)(管理者)
Using username:ユーザー名
password:現在のパスワード
でログインする

正常にログインできると
-bash-3.2$ が表示されるはずです。

ルートアカウントに変更しないといけないので

-bash-3.2$ su -

と打って今度はrootアカウントパスワードを入力しれください。
正常に切り替わるとroot@****** と表示されるはずです。

最初にサードパーティのリポジトリを追加した際に、そのリポジトリの優先度を設定できるようにするyum-prioritiesをインストールします。
yum install yum-priorities

警告が出ますがかまわずyを押し進める

 


こっからが本題
PHPのバージョンを5.2.10にあげましょう

cd /etc/yum.repos.d (cpコマンドうつの面倒なので、あらかじめyumのリポジトリディレクトリーに移動しておく)
wget http://dev.centos.org/centos/5/CentOS-Testing.repo (リポジトリのダウンロード)
yum --enablerepo=c5-testing update php (PHPのアップデートコマンド)
アップデート中にGPG KEYの問い合わせが来たら y を選ぶ
その後
yum --enablerepo=c5-testing install php-mcrypt

注:
php-sqlite2が入ってと依存関係のエラーでアップデートできません。
その場合は、 yum remove php-sqlite2* とうって削除しましょう。

最後にドキュメントルートに書き込み権限をつける
chmod 777 /var/www/vhosts/ドメイン名
これでユーザー直下に書き込みできるようになったはず

私の場合はlive commerceの公開ディレクトリーを変えたかったので

chmod 777 /var/www/vhosts/ドメイン名/conf
chmod 666 /var/www/vhosts/ドメイン名/conf/httpd_vh_base.conf

とやりFTPクライアントから書き換えられるようにしました。

必須モジュールのインストール

Zend Framework
http://www.zend.com/en/products/guard/downloads

Zend Framework 1.11 minimal 1.11.10 (ZIP) 6.04 MB (バージョンやサイズは変わるかもしれません) をダウンロード後解凍し

解凍後のlibraryディレクトリーをユーザー直下FTPで転送する

Zend Optimizer

よりLinux版の、Zend Optimizer (Runtime for PHP 5.2 and earlier ) 3.3.9 (64 bit) (TAR.GZ) 2.71 MB(バージョンやサイズは変わるかもしれません) をダウンロード後解凍し

data > 5_2_x_comp 内のZendOptimizer.so を先ほどZend Frameworkを転送した library ディレクトリー内へFTPで転送する。

vi /etc/php.ini

memory_limit = 528M に変更(-1でリミット解除)

;include_path = ".:/php/includes"
となっているはずなので

include_path = ".:/var/www/vhosts/ドメイン名/library"
zend_extension=/var/www/vhosts/ドメイン名/library/ZendOptimizer.so

上書き保存して

最後に service httpd restart で再起動させる

バージョンは1.3はなぜかPHPのバージョンチェックが5.2.14になっている@@
ライブコマースのファイルを転送したら
/public_html/install/index.php の26行目を
if (version_compare(PHP_VERSION,'5.2.14', '>=') && version_compare(PHP_VERSION,'5.3', '<')) {
から
if (version_compare(PHP_VERSION,'5.2.4', '>=') && version_compare(PHP_VERSION,'5.3', '<')) {

 

あとは、Live Commerceをインストールするためのパーミッションの変更をすればインストールが完了します。

以前の記事より分かりやすくなったかな?

この方法を行えば、VPSのコントロールパネル上の不具合は一切出ませんでした。

SSHやサーバーの設定をいじるので慎重に!
私は一切責任は取りませんので、みなさんの自己責任で行って下さいね^^



Posted By:2011年8月25日

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.minnadenet.com/mt/mt-tb.cgi/762

コメントする